人気ブログランキング |
<   2009年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧
NOTO プラネタワイナリー バゥ
昨夜お店でグラスを洗っていると、久しぶりにPLANETAプラネタの
ロゼのワインを飲んだグラスを見ました。

最近のシチリアのワイナリーではSYRAH(シラー)のブドウを
作ったロゼワインが流行りのようです。

でも当のシチリア人ほとんどロゼは飲みません。

中途半端感があるのでしょうか?! 

PLANETA ね~ と4月にワイナリーに行ったことを今更思い出しました。

時間が経つのが早くて、置いてきぼりになっています。

PLANETAのワインは 
アグリジェント県 メンフィー、サンブーカ、
ラグーサ県 ヴィットリア、シラクーサ県 ノート にワイン畑があり、
製造されています。

ノート町から南に約15km その名も BUONIVINI ヴォン二 ビー二
(美味しいワイン) という地域があり、60ヘクタールのワイン畑を
所有しています。 一面ワイン畑です。
d0084229_20514767.jpg


4末だったのでまだブドウはなっていませんでした。
d0084229_20532429.jpg

今現在は既に実がなり、収穫まで約1ヶ月です。

ノートで作っているワインは
100% NERO D'AVOLA (ネーロ ダーボラ) 12ヶ月樽熟成させる
SANTA CECILIA  サンタ・チェチリア
癖のない渋さと甘さで重さをそれほど感じない赤ワインです。

d0084229_2113979.jpg


PASSITO DI NOTO パッシート ディ ノート
d0084229_2135896.jpg


ここのワイナリーは規模が違います。

パッシートなどを熟成させるステンレスの保存樽が並び、
d0084229_2113257.jpg

d0084229_2114433.jpg

熟成中のサンタ・チェチリアが寝ています。
d0084229_21115122.jpg


この日は全てのワインが試飲できました。
d0084229_2126113.jpg


個人的に私がPLANETANOワインで一番好きなのは、
BURDESE

d0084229_21194394.jpg

cabernet sauvignon カベルネ・ソービニヨン 70% と
cabernet franc カベルネ・フラン 30% 18ヶ月樽熟成されます。
口当たりが良く、ほんのりと甘みのある上品なワイン。

渋いネーロダーボラ
(AVIDEのバロッコやMAZZEIの ドッピオゼータなど)
とチョコレートをや乾燥いちじくを食べるのが好きです。
グラスが空いたほんわりした至福と時と
↑BURDESEの味わいが少し似ている気がします。

どちらにしても私個人の好みです。(大好物はブリと海老ですから。。。)

そしてリ作りたてのリコッタ


d0084229_21363246.jpg


ソーセジ、お肉のBBQ
d0084229_21371849.jpg


たらふく食べて、飲んで大満足の1日でした。

一見の価値ありでした。 楽しかった~。 けど飲みすぎで要昼寝でした。
by terra_di_siracusa | 2009-07-29 20:38 | シチリアワイン、ワイナリー
すっかり大人だよ  バゥ
もうすぐ6ヶ月のジョナタンはすっかり雄犬になりました。
d0084229_21444162.jpg


思春期に声変わりして、髭が生えだす男子中学生のようです。

数ヶ月前はあんなにかわいかったのにぃ~
d0084229_21461418.jpg


骨格が変っています。 犬の成長って本当に早い。

お頭に成長は見られませんが・・・
by terra_di_siracusa | 2009-07-27 21:42 | シラクーサ siracusa
トマトソース バゥ
今日もせっせとトマトソースを作ります。
今回は8キロ8,5ユーロ(約1100円)。
ひとつの鍋には入りきらず、2つで煮始めます。

M氏特製トマトソースの作り方

ヘタを取ったトマトをきれいに洗い、爪で軽く切りつけ、
プチッと押して、種を飛ばします。

そして鍋に入れ、強火に掛けます。
d0084229_21253429.jpg


強火に掛けている間、潰しながら、混ぜます。

d0084229_2126427.jpg


皮がヘロヘロになってきたら、火から下ろします。 (ここまで約1時間)

そしてパッサ・ポモドーロといって、トマトを濾す調理道具を使います。
回すのに必死で写真撮れませんでした。
肝心なここは次回のお楽しみに~。

濾したトマトソースを鍋に移し、バジリコ、にんにく、自家製オリーブオイル
塩を加え、中火で煮詰めます。 (約20分)
できあがり。

d0084229_21313218.jpg


翌日冷めたら瓶に入れて保存。

今回はパルミジャーノを作りました。
揚げたナスとトマトソース、パルメザンチーズ、ミント(普通はバジリコ)
を重ねて、180度のオーブンで20分焼いてできます。

お野菜って甘くて美味しいね~♪ と思うひと時です。

d0084229_21373097.jpg

(盛り付けが顔に見えます。)

後は毎日、お昼にパスタでたらふく食べます。
by terra_di_siracusa | 2009-07-26 21:19 | シチリア料理
終いにこんなことに・・・ バゥ
お昼にトマトソースを作っていると、電話がなりました。
マンションの向かいに住みルチアから。

ルチア 「あのね~ 今日は40度を越したでしょう~。
暑さで2階のベランダの強化ガラスが割れて下に落ちたのよ。
消防車とか警察がきて大騒ぎだったけど、留守だったから知らないでしょう~」

M氏 「知りません。 それは大変でしたね~」 

ルチア 「その落ちたガラスが、下に止めてあった車2台に直撃したよ~」

M氏  「$%#%^&&*(#」 (言葉にならない・・・)

d0084229_0525447.jpg


自分の家の下に駐車してただけなのに・・・
フロントガラスが使い物になりません。。。

月曜日に警察に書類を作ってもらい、マンションの保険が直してくれるそうです。
7月末の今、しかもアーぺ(車)は古い型。すぐに直るとは限りません。。

それにしても最近車の運がなさ過ぎる気が・・・

変え時なのか?!
by terra_di_siracusa | 2009-07-25 00:47 | シラクーサ siracusa
リモンチェッロ作り バゥ
海の家で出来ているレモンを使い、
リモンチェッロを作ることに。 義理の兄が手作りリモンチェッロが飲みたいそうです。
シチリアでは緑の若いレモンを使います。

用意するのは 
緑のレモン 15個くらい
純正アルコール95度以上のもの 1ℓ
水 1ℓ
砂糖 700g~800g


d0084229_0423681.jpg


レモンの皮を薄くむき、アルコールに漬けます。
d0084229_0432333.jpg


1日そのまま日の当たらないところに放置。
只今放置中。 翌日密封容器に移し、10日ほど寝かせます。
寝かせた後に、砂糖を水に溶かし、シロップを作り、
皮を取り除いた、レモン色のアルコールに足しで冷やしたらできあがり。

濁ってないリモンチェッロと2種類作りたいのですが・・・・

続きはまた後日。
by terra_di_siracusa | 2009-07-24 00:35 | シラクーサ siracusa
太刀魚のフライ バゥ
今の季節、メルカート(朝市)に多種の青魚が出始めます。

ファビニャーナ島で食べた鰯のフライが気に入ったのか、
魚のフライを食べようとのことになりました。

ここでまた鰯にしても芸がないので、太刀魚にしました。
1匹5ユーロ~10ユーロ

魚屋↓がその場で下ろしてくれます。


d0084229_1626098.jpg


パン粉、パルメザンチーズ、バジリコ、パセリ、とうがらしを混ぜて
衣を作り、お粉、卵、衣をくぐらせて、焼けばできあがり。

くたくたに煮たいんげん(イタリア人は野菜を怖ろしいほどくたくたに煮ます)
くたくたに煮た菜っ葉、ペペロナータを付け合せに2時に食べました。

d0084229_1630313.jpg


太刀魚は意外に身が厚く、たまに残りの骨があり注意が必要ですが、
とても美味しく頂きました。 1匹で12切れ取れましたよ。
by terra_di_siracusa | 2009-07-23 16:20 | シラクーサ siracusa
中央卸売り青果市場  バゥ 
毎朝、朝の散歩から帰ってきた2匹に8時30分頃に踏み起こされます。
ジョナタンは有難いことに、私の顔の上を横切って寝てくれます。
苦しくて、寝れやしない・・・

仕方ないので、M氏の買出しにたまに連れて行かされます。
もちろん半寝状態です。

久しぶりの中央卸売り青果市場は、シチリアの眩しい太陽を
浴びた美味しそうな野菜が豊富に売られていました。



d0084229_0433379.jpg



価格も特別です。
ナス1箱(8キロ 3ユーロ 約500円) 
カポナータ作り放題ですね。

d0084229_0452961.jpg


トマト 1キロ50C (約65円)

d0084229_047846.jpg

トマトソース三昧

すいかは 1キロ 40C (約50円)
d0084229_0481910.jpg

割り放題

シラクーサ、ラグーサからくる地元の野菜がほとんどです。
一般の人でも購入可能。ただし、箱買いです。
by terra_di_siracusa | 2009-07-22 00:38 | シラクーサ siracusa
NOTO モザイク バゥ
友人はピアッツァ・アルメリーナの世界遺産にも登録されている、
モザイクが見に行きたかったそうです。

シラクーサからだと、公共機関を使ってだと、日帰りは難しく、
島に行った為に、次回に繰越に。(彼女は半年毎にシチリアに来るので)

ならば・・・・ といことで、以前から行きたかったけど、
結局vendicariの海に行って、看板だけ見て通過していた、
ノートから南に10kmにある VILLA ROMANA DEL TELLARO
(ヴッラ ロマーナ デル テッラーロ) に行ってきました。

ホームページ
http://www.villaromanadeltellaro.com/ 

このヴィラは30年前に発見された、
5世紀後半に製作されたモザイクです。長年の修復を終え、
去年から一般にも公開されています。
ノートの町から公共機関で行くのは難しく、タクシーかレンタカーの
移動になってしまいます。
9:00~19:00 入場料 6ユーロ

入り口
d0084229_2339232.jpg


建物の模型
d0084229_23412152.jpg

模型があるところが今ある建物。
以前はそれは大きなヴィラでぺリステリウム(列柱に囲まれた中庭)が
ある、豪華な住居だったそうです。


離れのモザイクに到達するまでには、建物の地下の様子や、
修復の様子が展示されています。


そしてモザイクのある、離れへ・・・
d0084229_23501414.jpg


残っているモザイクは4つでした。

長さ15m幅3,7mのメダル模様や月桂冠の模様の美しい絨毯
d0084229_23553449.jpg

d0084229_23595117.jpg


狩の場面
d0084229_025440.jpg

残念ながら中心はありませんが、近くで見ると良くできています。
d0084229_04403.jpg

d0084229_053965.jpg

d0084229_064253.jpg

d0084229_071214.jpg



クラテル(古代のワインと水を混ぜるための口の広いつぼ)のモザイク

d0084229_0194886.jpg

d0084229_019616.jpg


へクトルの釈放の場面

d0084229_0232230.jpg



d0084229_024285.jpg


ピアッツァ・アルメリーナの迫力はありませんが、
色合いや、細かい作業が間近に見ることが出来ます。
ほぼ貸切でゆっくり見れるので、ここはここで良いものです。

出る時に、職員に日本人は来ますか? と尋ねると、
サイン帳をめくり出し、ここだよ。
と開かれたページには、「謝謝」と書かれていたのでした。。。
by terra_di_siracusa | 2009-07-20 23:11
そうそう車が壊れた翌日に・・・ バゥ
ファビニャーナ島の帰りにM氏の愛車フォーコ(雄蜂の意味)が壊れました。
整備工場で修理をしている間は私の車アーぺ(雌蜂の意味)が活躍。

日本で免許を取った時はマニュアルで取ったものの、
その後8年以上ペーパードライバーでしたが、シチリアの車社会に
一年発起をして中古のオートマ車を探し、たまに運転しています。
(未だに縦列駐車はできません。イタリアでは致命傷です)

カルフールにお買い物に行く時にアーペで行き、
駐車をして、お買い物をして車に戻ると、隣の車が変なところで
止まっています。 そしてそのまま隣に駐車をせずに、どこかに行ってしました。

「??????」 と思っていると、
車の後ろの一部がぶつけられて、外れていました。
d0084229_0154319.jpg

(写真だと分かり難いですが、左の角です)

要は、駐車をする時に、ぶつかって、逃げたわけです!!

カチンときて、駐車場を探して見ると、いました。
(上の写真の隣の車)
この車の傷と、ぶつけられた角のの傷とぴったり合います!!
d0084229_018468.jpg


買ったアイスが溶けることが一番の心配だったM氏が苦情を言いに行き、
私と友人はそのアイスを持って、カルフール見学。
(そこで子豚に遭遇したわけです)

その間、M氏は、買い物が終わった犯人2人組に遭遇し、
話をしたとこと、逆ギレされ、「いちゃもんつけるなんて、警察呼んでやる~」と
ヒステリックに言われたそうです。

M氏 「ぶつけてなければ、なんで駐車の場所を変えたのか?」 と聞くと。

助手席に座ってた娘が思わず、「ぶつけた時は音がしなかった・・・」
とポロリ。

それでも保険で処理しない等ブーブーの親子。

M氏は保険会社に損害賠償の訴えをする事に決め、事を治めるのでした。

結果は2~3ヶ月のことだそうです。
まぁ、直してくれたらラッキーと思っておきます。 (既に忘れてしまってましたけど)

それにしても車運のないこの数日ですこと。。。
by terra_di_siracusa | 2009-07-19 00:08 | シラクーサ siracusa
籠を見ると・・・ バゥ
以前に買ったにんにく入れの小籠をある晩、2匹にこっぱ微塵に砕かれていました。

籠、ペン、ビニール、新聞、パプリカ・・・

どこで見つけてくるのか? と思うようなものを毎晩見つけては
こっぱ微塵にされています。
思わず吹き出すこともありますが、夜中1時にこの掃除・・・ は本気で腹が
立つ事もしばしばです。 いいなぁ~おまえらは自由で。

ということで、にんにくの籠を探していましたが、
肝心の籠屋がいない・・・

朝市(メルカート)にお馴染みの籠屋が久しぶりにきていました。
d0084229_2274020.jpg


中ぐらいでも小さくても10ユーロ。
値切っても安くしてくれないので、

それなら大きいのを買うでしょう。
d0084229_228216.jpg


これは齧られないように注意します。

来年の目標はこの籠を作れるようになることだなぁ。
by terra_di_siracusa | 2009-07-18 22:02 | シラクーサ siracusa
   

シチリア シラクーサでシチリア料理と和食のレストラン”La Cambusa”( www.lacambusa-siracusa.it PASSEGGIO ARETUSA- 9 )を経営し、terra di SIRACUSA(www.terradisiracusa.com)を運営しています
by terra_di_siracusa
> terra di SIRACUSA
シチリア東部とシラクーサ
への旅のお手伝い
terra di SIRACUSA
www.terradisiracusa.com

シラクーサの
シチリア料理と
和食のレストラン

LA CAMBUSA
passeggio aretusa 9,
ortigia, siracusa
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧