人気ブログランキング |
<   2007年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧
乗用車の荷台? バゥ
家に帰る途中に、可笑しな車を発見!!
可笑しなというか、車の上に荷物をのせて(固定なし)
走っていましたーーー。
車の中も果物やら野菜でいっぱいでした。。
d0084229_5491588.jpg


d0084229_5511327.jpg

by terra_di_siracusa | 2007-01-30 05:50
はまぐり バゥ
ポッツーロに用事があり、1時間ほど時間が空いたので、
犬の散歩がてらに海に。
平日の冬の海。
だれーーーーーーもいない海。
(約1匹のやんちゃ坊主は大はしゃぎ)
d0084229_5442451.jpg


なんと、約3cmの生きているはまぐりと巻貝を見つけました。
d0084229_5452275.jpg

by terra_di_siracusa | 2007-01-29 05:36 | シラクーサ siracusa
羊の肉  バゥ
ジン・ジン・ジンギスカーーーン♪ と歌いながら、
エトナ山近郊の町へ羊を食べに行きました。

今年の冬は例年になく暖かく、去年の今頃は雪だらけだった
標高1200mの町「FLORESTA:フロレスタ」には全く雪はなく、
ひんやり空気が冷たいくらいの気候でした。

エトナ山の頂上には雪がありますが、スキーするには少ないそうです。
d0084229_3182937.jpg


お目当てのレストランは
d0084229_3193042.jpg

この地域は放牧の牛、羊をBBQのようにして食べます。
チーズなどの乳製品やサラミなどの加工品がとても美味しく、
レストランの横に羊や牛が。。
d0084229_3213255.jpg

d0084229_322657.jpg


アンティパストは、イノシシのサラミとコッパ(生ハムの様なもの)
d0084229_3251894.jpg


羊のリコッタをオーブンで焼いた物。
(臭みが全くなくて、すごく美味しい!!)
d0084229_3261646.jpg


羊のチーズとカーチョカバッロ
d0084229_3274183.jpg


プロボローネを焼いた物
d0084229_3284750.jpg


自家製オリーブと野菜の酢漬け
d0084229_3321399.jpg



メインの羊はジンギスカンとは別でドカンと出てきました。
d0084229_3373731.jpg


個人的にあまりクセのあるお肉は得意ではありませんが、
やはり新鮮だから? うまいうまいと始めの2口3口は快調に。
気にし始めると独特の臭みが・・・・ 半分はアントへのおみあげに。

豚肉は「ブタトロ」といった感じで、とっても美味しくペロリと
頂きました。
d0084229_3402563.jpg


牛肉をビネガーを掛けたものとソーセージを食べ(食べすぎ!!)
ワインはエトナ産の地元のものを。(なんと1/4の大きさ、約コップ2杯
で80セント:約140円の安さ!!!)

と死ぬほど満腹、満足のお昼でした。
by terra_di_siracusa | 2007-01-28 03:11 | カターニア,タオルミーナ
さくら バゥ
ピンクのアーモンドだと思ったら、桜でした!!
日本より2ヶ月くらい早い陽気ってことでしょうか?!

d0084229_43436.jpg

by terra_di_siracusa | 2007-01-27 04:03 | シラクーサ siracusa
カルチョーフィーー バゥ
カルチョーフィーの季節です。
実は大好物!!食べるところがあまりなく、食べ出すと無口に
なりますが、ひとりで3つは頂きます。

今はひとつ10セント(約16円)~で売っているので早速、
オーブンで焼いて食べました♪

d0084229_413181.jpg


お皿には2つで写真を撮りましたが、結局5個は食べました。
繊維たっぷりなので、お腹にもよさそうです。

パスタはズッキーニで。

d0084229_434618.jpg

今年の冬は暖かく、日差しが強かったので、冬でも野菜が甘くて、
とーーーても美味しくて驚きます。

夕飯には残りのカルチョーフィーを頂く予定でーーーす♪
by terra_di_siracusa | 2007-01-25 03:58 | シチリア料理
なかなか♪ バゥ
早速お米を試してみました。
えびでにぎりずしを!! 
お米の粘りといい、甘みといい、いい感じです♪
ちなみにマリオがにぎったおすしです。
形が不ぞろいでゆがんでいます・・・イタリア人にしては
上出来といったところでしょうか。。
d0084229_3543534.jpg


アントにも味見をさせてあげようと、呼びにいったら、
布団に包まっていました。。
d0084229_356423.jpg

by terra_di_siracusa | 2007-01-24 03:52
イタリア産のジャポニカ米 バゥ
イタリアでもリゾットやサラダなどのお米料理はありますが、
インディカ米とジャポニカ米のあいのこといった感じで、
日本料理に使うにはどうも粘りと甘みが足りません。
チャーハンや味をつけるご飯として問題はないのですが、
白米や酢飯にはちょっと・・・・

と日本米に近いお米を探し、早数ヶ月。
中国産は古古古米のような感じで、なんともいえない匂いが。
お酒を入れても飛ばないほど。。。

サラダ用のイタリア米を和食に使うにも、そのままでは・・・

カルフォルニア米はササニシキなのでほぼ100%日本米ですが、
値段が高し。。

と探しに、探し、辿りついたイタリア産(ミラノ郊外)のジャポニカ米。
その名も「SUSHI」

早速、取り寄せてみたものが、届きました。
d0084229_2021423.jpg

かわいい袋に入っています。


d0084229_20214581.jpg


見た目は日本米のようです。(ジャポニカ米なので当たりまえですが・・・)

早速今日にご飯を炊いて試してみます♪
by terra_di_siracusa | 2007-01-23 20:12
アーモンドの花 バゥ
東洋人の切れ長の目を「アーモンドの様」と言われます。
シラクーサ県内のAVOLA(アーボラ)はアーモンドの産地。
2月から花が咲き始めますが、今年は暖かいので、花が咲き始めて
います。1月最終週から寒くなる・・・ との天気予報ですが、
ほんと?!と疑うような日々。

d0084229_1591842.jpg


半袖でジェラートを食べている人たちを見かけると、10月か11月では?!
と感じますが、1月中旬です。。
by terra_di_siracusa | 2007-01-22 02:09 | シラクーサ siracusa
ヴェンディーカリ バゥ
シラクーサから車で約45分、ノートの先に夏によく行くエローロという
海があります。だいたいこのエローロからサン・ロレンツォという海沿いの
約15キロはユネスコの自然保護地域になっています。

今日も半袖の25度以上の夏日だったので、昔のトンナーラ
(まぐろ加工工場)があるVENDICARI(ヴェンディーカリ)に
行ってきました。昔はトンナーラや塩田があったそうですが、
今はこの時期にフラミンゴがくることで有名になっているそうです。

白鷺、黒鷺などバードウオッチングもできるそうです。
d0084229_1504286.jpg


d0084229_1514371.jpg


自然保護地は犬は入れないので、近くの海に行きました。
風がありましたが、もし風がなければ泳げそうな水温です。
誰もいない冬の海。
d0084229_154881.jpg


いました。はしゃいでる犬が。犬もまぶしい様で・・・サングラスが必要かも?!
d0084229_1553159.jpg

by terra_di_siracusa | 2007-01-21 01:44 | シラクーサ siracusa
聖セバスチャン バゥ
1月20日は聖セバスチャンの日。
シラクーサの聖人は聖ルチア(サンタ・ルチア)ですが、
第2の聖人はこのサン・セバスチャン

すっかりこの日を忘れていたのですが、たまたまオルティッジャに
いたら、「ボーーーーーン!!!」と爆音と共に花火のかすが
空から降ってきました。

d0084229_6182938.jpg


アレトゥーサの泉の横の広場から花火を上げていました。
すごい煙で、空から火の粉が降ってきます。
d0084229_6194652.jpg

それにしても、イタリア人はよくボコボコ花火を上げる気がします。
個人の結婚式でも、お祝い事には花火がつき物のようです。

「シラクサーーーノ・・・・・」と男の人の声がして、ドゥーモ広場に
行ってみると、ちょうどサン・セバスチャンが聖ルチア修道院教会へ
入るところでした。
d0084229_6232246.jpg

d0084229_6241517.jpg


サン・セバスチャンは軍人の守護聖人とされている。
紀元3世紀、キリスト教迫害が頂点に達していた時期の
ローマ帝国軍兵士であった。彼は自身がキリスト教徒であることを隠して
ローマの近衛兵、親衛隊兵士になっていたことがばれて、
その信仰心を捨てなかったために処刑される。
縛り上げられて弓で射られたが、矢が刺さってなお、奇跡的に命をとりとめた。
その後、改めて時のローマ皇帝のキリスト教迫害を非難することになる。

余談ですが、 
こうしたことからセバスチャンを描いた多くの絵画や像は全身に
矢が刺さった様子として多く描かれる。
こうした屈強な若い男性の裸体に矢が刺さり、
生き延びた末の殉教という物語性から、三島由紀夫を始め、
そちらの世界ではセバスチャンは有名だそうです。

そしてこの日はフィノッキ(フェンネル)が入ったパンを食べる
習慣があるのですが、パン屋では売っていません。
ではどこで手に入るか・・・・。
教会が配るのです。(値段はなく、教会に寄付します)

d0084229_6385745.jpg

(見に苦いのですが、手に持っている白いものがそのパンです)

デパートのワゴンセールのようで、列の前までは到着する
ことはできず、来年こそは・・・・ と心に誓いました。
by terra_di_siracusa | 2007-01-20 06:11 | シラクーサ siracusa
   

シチリア シラクーサでシチリア料理と和食のレストラン”La Cambusa”( www.lacambusa-siracusa.it PASSEGGIO ARETUSA- 9 )を経営し、terra di SIRACUSA(www.terradisiracusa.com)を運営しています
by terra_di_siracusa
> terra di SIRACUSA
シチリア東部とシラクーサ
への旅のお手伝い
terra di SIRACUSA
www.terradisiracusa.com

シラクーサの
シチリア料理と
和食のレストラン

LA CAMBUSA
passeggio aretusa 9,
ortigia, siracusa
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧