人気ブログランキング |
<   2006年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧
色鮮やか バゥ
シチリアでよく色とりどりのマジパン(アーモンドを擦りつぶして砂糖を加え
て練り色々な形にしたお菓子):イタリア語ではマルツァパーネ 
を見かけます。

よく、オレンジやレモンなどのフルーツや野菜を模ったものがショーウィンドウに
並んであり、目を引きます。

たまたま近くで見つけたお菓子屋さん。
オレンジの皮がむけて、ちゃんと中身まで模っていました。
芸が細かいなぁと感心してしまいました。

色鮮やか バゥ_d0084229_3264022.jpg

by terra_di_siracusa | 2006-09-30 03:22
ダッテリーニ バゥ
シチリアでよく食べられるプチトマト。パキーノ産が有名だが、
イタリア語で「チリエッジーニィ」 さくらんぼに似ているからという名前。

一方、ナツメヤシに似ているというの「ダッテリィーニィ」という
ちょっと細長いものがある。実はこちらチリエッジーニィより若干値段も
高い。サラダなどで主に生で食べます。

今日はメルカートで買ったダッテリーニィとケッパーとにんにくと
オリーブオイルのサラダを。

ケッパーはメッシーナの上にあるケッパーが有名なエオリエ諸島のものを。
ダッテリーニ バゥ_d0084229_2313529.jpg

シンプルだけど色鮮やか。この季節ダッテリーニィは甘くてほんとう美味しい。

旬の魚ランプーガ(日本名でシイラらしいが、日本で食べたことがないので
なんとも言いようがありません・・・)
をグリルで食べました。

ダッテリーニ バゥ_d0084229_23222562.jpg

こちらでは塩、オイルとシンプルに食べますが、この辺は日本人。
お醤油をかけて食べさせていただきました。

ローマで購入した白ワイン EST!EST! EST!(うまい!うまい!うまい!)と
一緒に。。
by terra_di_siracusa | 2006-09-29 23:25
動物・・・??? バゥ
今日も朝からオルティッジャに。
現在HPのリニューアルも兼ねてあちこちの写真を撮っています。。
たまたま見つけて市の建物。
オリジナルは19世紀のものらしいが・・・

果たしてこの動物は??
動物・・・??? バゥ_d0084229_49718.jpg


カメレオン??
動物・・・??? バゥ_d0084229_4102353.jpg


かえるでしょうか??
by terra_di_siracusa | 2006-09-29 04:13
まだまだ夏日  バゥ
今日は少し早起きをしてオルティッジャに散歩に出かけました。

まだまだ日中は夏日で30度以上の日々が続いています。

まだまだ夏日  バゥ_d0084229_0312772.jpg


さすがに海水は冷たいけど、こっちにこない~♪と誘われるほどの透明度
でした。

まだまだ夏日  バゥ_d0084229_0325941.jpg


修復が必要ですが、海沿いに売りに出されている物件を見つけました。
まだまだ夏日  バゥ_d0084229_034157.jpg

メルカートで野菜を買うのとはわけが違うのですぐさま断念しましたが・・・

どなたかご興味のある方・・・いかがですか??
by terra_di_siracusa | 2006-09-28 00:36
フロレスタの帰り道  バゥ
胃袋も心大満足の帰り道に田舎ならではの光景が。
おじいさんが手作りのかごを作って売っていました。
やなぎで作るかごはそれぞれに味があり、どこか懐かしい感じが。
畑仕事や野菜入れに基本的に使うように作られているそうです。

フロレスタの帰り道  バゥ_d0084229_4543330.jpg

フロレスタの帰り道  バゥ_d0084229_455259.jpg


たわいのない話をおじいさんとし、この写真は日本でどうするのか?と
何度も質問されました。

数日前に郊外で売られていたシラクーサのにんにくを購入し、
置き場がないのを困っていたことと、お風呂場に置くかごが
欲しいと思っていたので、ついつい2つ購入してしまいました。

(余談ですが、イタリア料理ににんにくは欠かせませんが、
 たいていのメルカート(市場)で売られているにんにくは
 産地の記入がないものは中国産なのですーーー!!)

早速にんにくとエシャロットをいれてみました。我ながらほれぼれ。
(ってにんにくいれたかごですが・・・)
フロレスタの帰り道  バゥ_d0084229_524537.jpg


帰りはタオルミーナでお茶をして帰ることに。。
帰り道はエトナ山の麓ならではの、一面溶岩畑を通りました。
フロレスタの帰り道  バゥ_d0084229_535320.jpg


タオルミーナは未だ観光客がたくさんいましたが、今回は本当にお茶だけ
だったのでバールにて一休み。

フロレスタの帰り道  バゥ_d0084229_565167.jpg


街中にこんなポストを発見。。
イタリアらしいというかなんていうか・・・・
絶対に届かないと確信できるので、投函に勇気が要りますよね~。

フロレスタの帰り道  バゥ_d0084229_584049.jpg

by terra_di_siracusa | 2006-09-25 05:09
シチリいち標高の高い町 フロレスタ バゥ
暑い日はまだまだ続きますが、今年の夏は海にたくさん行けたので、
この日曜日は山に行くことにしました。

メッシーナ県にある、東シチリアではチーズや黒豚のサラミが美味しいく、
シチリアで一番標高の高い(1850m)場所にあるフロレスタへ。
シラクーサから車で2時間くらいで、カターニャの先で高速を下りると、
エトナ山の麓の小さな町々を通ります。

エトナ山は標高が3370mと富士山くらいの高さにあり、空気も水も
町とは違いとっても美味しいので、各地に名産があれこれ。
エトナ麓の赤ワインはフルボディーでパンチがきいていますし、
ザッフェラーナはシチリアで唯一のりんごの産地。
ちょうどこの時期が旬で、あちこちで実をつけたりんごの木を見かけます。
シチリいち標高の高い町 フロレスタ バゥ_d0084229_4205277.jpg

シチリいち標高の高い町 フロレスタ バゥ_d0084229_421355.jpg

道の角にはりんごと野菜売りの屋台も。
シチリいち標高の高い町 フロレスタ バゥ_d0084229_424283.jpg


さすが、ワインの産地とあって、ワイン樽を運んでる車も見かけます。
シチリいち標高の高い町 フロレスタ バゥ_d0084229_4223763.jpg


標高が高いこともあり冬のイタリアといえば「焼き栗」が街中で
いい匂いをさせて売られていますが、すでに実がなりはじめています。
今から待ち遠しい~。
シチリいち標高の高い町 フロレスタ バゥ_d0084229_4261898.jpg


そんなエトナ山の麓の町々を過ぎ、のどかな道が続き牛を眺めながら
シチリいち標高の高い町 フロレスタ バゥ_d0084229_4284252.jpg


目的地フロレスタへ。ここは本当に小さな町ですが、カターニャやメッシーナ
からたくさんの人がチーズやサラミをわざわざ買いにきます。
100mに道にボッテカが5件はあるほどです。
シチリいち標高の高い町 フロレスタ バゥ_d0084229_431880.jpg


お店の目印はこんなチーズが飾ってあったりします。
シチリいち標高の高い町 フロレスタ バゥ_d0084229_432249.jpg


行くお店は決まっており。今年の2月もここで大量に買い込みました。。
自家製の生ハム、パンチェッタ、いのしし、黒豚のサラミは本当に絶品。
シチリいち標高の高い町 フロレスタ バゥ_d0084229_434727.jpg

シチリいち標高の高い町 フロレスタ バゥ_d0084229_4332843.jpg

シチリいち標高の高い町 フロレスタ バゥ_d0084229_4343586.jpg


お昼はここでパニーノを作ってもらいました。
自家製のプロボローネ(上記のひょうたん型の乳牛のチーズ)と
パンチェッタ、黒豚のサラミ、生ハムの三種。
水が美味しいのでパンもこれまた美味しい♪

シチリいち標高の高い町 フロレスタ バゥ_d0084229_4382859.jpg


そうそう、忘れてはいけないのが、やぎのリコッタをオーブンで焼いたもの。
本当に本当に絶品です。全く臭みがなく、独特の感触が・・・たまりません

シチリいち標高の高い町 フロレスタ バゥ_d0084229_4401687.jpg


我が家にはやぎのリコッタの熟成させたもの(パスタ用)、
リコッタのオーブンで焼いたもの、
プロボローネと黒豚のサラミを1/3を約10ユーロで購入しました。

シチリいち標高の高い町 フロレスタ バゥ_d0084229_443846.jpg


そしてカターニャ名物のどでかいパンもちゃんと買い、
シチリいち標高の高い町 フロレスタ バゥ_d0084229_4451560.jpg


明日からのちょっぴり贅沢な食事をうひひと考えます。
これがあるのでシチリア生活やめられないのよね~。
と胃袋と共に頷くばかり・・・
by terra_di_siracusa | 2006-09-24 18:09
タオルミーナ、シラクーサ そして カターニャ? バゥ 
シチリアでは色々な有名な映画が撮影され、その撮影場所が
今でも観光地となっていたりします。

東部では、
「イル ポスティーノ」のエオリエ諸島。
「グランブルー」のタオルミーナ。
「マレーナ」のシラクーサ。
などなどシチリア全土でもマフィア映画を始め、色々な作品があります。

そしてこの夏、シラクーサでも何度となく見かけられた映画の撮影場面。
結局なんの映画かも俳優もわからぬままでした。

そんなこと知ってか知らぬか、
カターニャでは現在大掛かりな映画の撮影中!!
カターニャのシンボルの象の像(シャレではありませんよ!!)の
あるドゥーモ広場にはどこかの大様の旗が
タオルミーナ、シラクーサ そして カターニャ? バゥ _d0084229_0185059.jpg



大掛かりなセットもできていました。
(カップルのキスシーンはたまたま入ってしまっただけで、それをメインに
撮ったわけではありません。イタリアらしいとお許しください)

タオルミーナ、シラクーサ そして カターニャ? バゥ _d0084229_0193183.jpg


撮影自体は夜中に行われているそうです。。

映画が公開されて、カターニャが有名になる日も近いかも・・・?
by terra_di_siracusa | 2006-09-23 00:21
ローマ♪ローマ♪ ロォォマ♪ バゥ
フィレンツェからローマへ。
週末はフィレンツェ⇔ローマのユーロスターは満席だそうで、
前日などの早めの予約が必要だそうです。

案の定、希望の時間のユーロスターは満席で
インターシティーにてローマへ。

ローマあいにくの雨。こころの片隅で雨女はだれだ?? と疑ってみたり。。

久しぶりにヴァチカン美術館に行こうと、朝8時過ぎにホテルを発ち、
地下鉄にてヴァチカンへ。。

なんと、なんと9時前にして長蛇の列。
ローマ♪ローマ♪ ロォォマ♪ バゥ_d0084229_3412314.jpg

広場に届きそうなほどでした。
よくよく考えてみると、以前は7時くらいに朝ごはんも食べずにホテルを出て、
並んだような・・・
まだまだ観光シーズンの様で、尚且つ月曜日(最終日曜日以外は美術館は日曜日
は閉館)だったこともあり、今回は断念。

ローマ♪ローマ♪ ロォォマ♪ バゥ_d0084229_344193.jpg

中でミサがしていて、厳かな時間を体験できました。
が、日本人観光客が、「なにがなんだかわかんねぇなぁ~」と
がやがやとした話し声がしたりして、嫌な気分になりました。
異文化、異宗教とはいえ、神聖な場所では、慎むべき行為では?!
と思いました。

その後フォロ・ロマーノやヴィットリアーノなどを周り、スペイン広場近辺へ。

お昼の目当ては・・・
トラットリア ジーノ 
ここもローマに来た際は必ず立ち寄ります。

ブルスケッタはセロリが入っていて特大です。
ローマ♪ローマ♪ ロォォマ♪ バゥ_d0084229_3541387.jpg


プリモは半分にしました。あっさり系のグリンピースとハムときのこのスパゲティー
自家製の生パスタが出てきます。

ローマ♪ローマ♪ ロォォマ♪ バゥ_d0084229_3553268.jpg


セコンドに人参やセロリなどの野菜を巻いた牛肉のラグーで
煮込んだものと ミートボールのトマト煮
ローマ♪ローマ♪ ロォォマ♪ バゥ_d0084229_357398.jpg

ローマ♪ローマ♪ ロォォマ♪ バゥ_d0084229_3574664.jpg


そしてここで忘れてはなりません!!
コントルノ(付け合せ)のポテトのオーブン焼きローズマリー風味
(見かけより数倍美味しいですよ♪)
ローマ♪ローマ♪ ロォォマ♪ バゥ_d0084229_40421.jpg


そしてお腹に余裕があればティラミスを!!
今回は食べれませんでしたが、絶品です。
by terra_di_siracusa | 2006-09-17 06:36
フィレンツェ バゥ
前日に飲みすぎて二日酔いではありますが、
朝5時に起きて、カターニャ空港へ。

フィレンツェに向かって出発します。
が飛行機は1時間遅れて眠い目を擦り、お昼過ぎにようやく
フィレンツェのホテルに到着。

なんとシラクーサとはうってかわって、フィレンツェは激寒い。。
雨は降っているは、革ジャンにブーツの人だらけだし・・・
半そで、サンダルな自分の格好を恥ずかしくも寒くて震える。

寝不足の為昼寝をし、雨がしとしと降るフィレンツェへ。
友人の希望により香水や石鹸・ハーブなどを昔のままに調合し
作られている、サンタ・マリア・ノベッラに。

日本人女性が働いていたので日本語が通じるそうです。

建物の中身だけでも一見の価値があります。

(光の関係で見難いと思われます)
フィレンツェ バゥ_d0084229_3144761.jpg

フィレンツェ バゥ_d0084229_3142270.jpg


さてさてメインはお肉料理♪
フィレンツェでは決まったお店に通います。
大衆的なトラットリア ですが、量もたっぷりで本来のトスカーナ料理が
食べられます。個人的にビフテッカ(ステーキ)が苦手なので生のお肉の
カルパッチョとルッコラとパルミジャーノを食べます。 
フィレンツェならでは味ですねぇ~
フィレンツェ バゥ_d0084229_3172450.jpg


ポルチーニのタッリャテッレとラグーときのこのリゾットを。
フィレンツェ バゥ_d0084229_3214062.jpg

残念ながらワインは飲めませんでした。。(二日酔い気味の為)
ここに生ビールとキャンティーがあったら最高でしょうね♪

興味がある方はぜひ!! 要予約です。。
TRATTORIA BIRRERIA CENTRALE
Piazza di Cimatori 1-2r tel 055/211915

もう1件のお店は朝から夜までお休みなく空いている駅の近くのお店です。
お昼は地元のサラリーマンでにぎわっています。
残念ながらお料理の写真を撮るときにカメラの電池が
なくなってしまいました。
後日写真が届き次第ご紹介します。
by terra_di_siracusa | 2006-09-16 06:57
タオルミーナ バゥ
せっかくのシチリア観光、ヨーロッパのリゾート地タオルミーナは外せません。

まずは、「グランブルー」で有名なイゾラ・ベッラ

タオルミーナ バゥ_d0084229_2413466.jpg

あいにくの曇り空だったので、日焼けはできませんでした。

残念ながらここのビーチは砂浜でなく、石ころビーチ。
それでも透き通った海はとてもきれいです。

タオルミーナ バゥ_d0084229_243591.jpg

ドゥーモ

お昼はズッキーニとマグロのリングイネを食べました。
さっぱりしていて、くせになりそうな味です。

タオルミーナ バゥ_d0084229_246523.jpg


タオルミーナはメッシーナ県。あえてワインではなく「メッシーナビール」
タオルミーナ バゥ_d0084229_2472635.jpg


残念ながらシラクーサ⇔タオルミーナは意外に遠く、プルマン(バス)は
カターニャ乗り換えが必要になり片道3時間近くかかってしまいます。
けれでも日帰りまたは数泊でも行く価値大です。
リゾート地なので若干物価は高めになっています。
by terra_di_siracusa | 2006-09-15 23:38
   

シチリア シラクーサでシチリア料理と和食のレストラン”La Cambusa”( www.lacambusa-siracusa.it PASSEGGIO ARETUSA- 9 )を経営し、terra di SIRACUSA(www.terradisiracusa.com)を運営しています
by terra_di_siracusa
> terra di SIRACUSA
シチリア東部とシラクーサ
への旅のお手伝い
terra di SIRACUSA
www.terradisiracusa.com

シラクーサの
シチリア料理と
和食のレストラン

LA CAMBUSA
passeggio aretusa 9,
ortigia, siracusa
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧