人気ブログランキング |
<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
サルシッチャ バゥ
焼肉でスタミナ!! 的な考えに似ているような・・・

いくぶん涼しくなってきたとはいえ、まだまだ暑いシチリアの夏。
正にスタミナが必要です。

行きつけの肉屋が8月はバカンスにて休業していることもあり、
別の肉屋を開拓したところ、なんとも美味しいサルシッチャ(ソーセージ)に
出会いました。 ここは自家製なので店先では生サルシッチャを
「今日のサルシッチャ味見してごらん!!」と味見には大きすぎる5cm強の
切れ端をくれます。

たまたま、いのししのサルシッチャがあり、はじめてなので早速お昼に食べることに
しました。
d0084229_19145976.jpg


お肉屋のサルシッチャは生で、ゆでたり、燻製にして売っているものではありません。
大きさも豪快で、1本50cmくらいはあるのでは?!
d0084229_19175919.jpg

本当はBBQで食べるのが一番美味しいのですが、フライパンで焼きます。
d0084229_1919482.jpg


いのししのサルシッチャは少し塩気が強い気がしますが、実際食べ比べをしても
わからないと思いました。

お店によっては辛口(とうがらし入り)などもあり、気がつくと2、3人でぺロリと
食べてしまいます。

シチリアは豚肉も美味しいので、1度は食べる価値ありです!!
ただし、食後に非常にのどが渇くので、ガス入りのお水は必須です。。
by terra_di_siracusa | 2006-08-31 19:23
サボテンとボッタルガのニョッキ
d0084229_318250.jpg


この時期シチリアのあちこちで見かけられるサボテンの実
FICODINDIA (フィーコディンディア)

アメリカ大陸をインドと思っていたその頃に南米から持ち込まれたから
インドの実というとか、お腹空いたインド人がとげのあるサボテンの実を
皮をむかずに食べたからインド人の実というとか・・・・

サボテンにとげがあるようにもちろん実にもとげが。。
皮をむくのもひと苦労。
d0084229_3231356.jpg

頭とおしりを切り落とし、切れ目をいれて外の皮をぺロリとむきます。

d0084229_32655100.jpg



さてさてサボテンを何に使うかというと、シラクーサの漁師料理で、
この時期にしか食べれないサボテンとボッタルガのニョッキを
お料理教室にて行われました。


d0084229_3305644.jpg


ジャガイモのニョッキをみんなで作り、トマトとサボテンとバジル、にんにくなどの
調味料をいれ、ニョッキと合えます。

さいごに、ボッタルガを上にすりおろして出来上がり。。
d0084229_3332154.jpg

ほのかな甘さとボッタルガの塩気で味が引き締まり、
想像とは違う意外な美味しさに出会いました。

今では、時間と手間がかかるので、レストランではほとんど食べれないそうです。
彩りがあざやかで食欲を誘う一皿でもありました。
by terra_di_siracusa | 2006-08-30 03:36
シチリア弁 バゥ
日曜日にシラクーサの近くのバロック建築の町NOTO(ノート)で
守護聖人サン・コッラードのお祭りがありました。

d0084229_3573590.jpg

(なにやらさっぱりわからない写真だと思いますが・・・)

ミラノに住む人をミラネーゼというように、
イタリアはそれぞれの町に住む人の名前があります。

シラクーサはシラクサーノ。。

このノートはネェティーニィ。
これだけでもさっぱりわかりませんが、
シチリア弁ではなんと ヌゥティチャーニィ。

ナ行で一緒だねとかそういう感じですね。
by terra_di_siracusa | 2006-08-27 03:56
シチリア発グラニータ バゥ
暑いシチリアの夏に欠かせないのが・・・・

グラニータ。 

シチリアではブリオッシュと一緒に食べたり、
朝ごはんに食べたりします。

海の帰りに毎回ノートに立ち寄り、グラニータを。
ミックスにして食べたりもできます。

木苺とレモン
d0084229_17103223.jpg


アーモンドとオレンジ
d0084229_17112546.jpg


ノートにお立ち寄りの際(わざわざ食べに出かけても良いくらいですよ!!)
は是非ともグラニータを。。
by terra_di_siracusa | 2006-08-26 17:07
スカンピのラビオリ
去年私が通っていた学校に通われている女性2人と
夕飯を食べにいつものレストランへ。

さすがに3回連続ウニのパスタは・・・と思い
本日は スカンピ(手長えび)のラビオリ

d0084229_1615747.jpg

トマトソースと生クリームとスカンピというシンプルなレシピなのに
スカンピのみそとコクが出ていて本当に美味しかった。
ラビオリの中身はリコッタでした。

デザートは
アーモンドのアイスのチョコレートソース
d0084229_1616722.jpg



ソルベット(レモン)
はさっぱりしていて口直しに最適です。

d0084229_16164320.jpg

by terra_di_siracusa | 2006-08-25 16:17
ココメローーーーネ  バゥ
夏の果物といえば・・・・・ スイカですよね。

もちろんシラクーサにもスイカは売っています。
メルカート(市場)をはじめ、果物屋さんなどなど。。。

ちょっと変わっているのが、スイカ専門店。
もちろん持ち帰りとその場で食べることのできるスイカの屋台といったところでしょうか。

d0084229_3262866.jpg


色鮮やかでとてもきれい。 横の黄色いものはメロンです。

スイカに塩ではなくて、かけるとするのならレモンをかけて食べるそうです。
「小さいのを1つ!!」と頼んだのに7キロのスイカを渡されました。
スイカ割りをしてもとても割れそうのない、長細いスイカを。。

d0084229_3295133.jpg

もって帰るのも一苦労。。

1人で4分の1を食べることになり、甘くて美味しいものの、1年分は食べました。
by terra_di_siracusa | 2006-08-23 03:33 | シラクーサ siracusa
don camillo バゥ
シラクーサは観光地なこともあり、小さい町の割にはレストンランが多い。

そんな中でも一番有名なのが DON CAMILLO 
値段も味も…というわけで、1年間行く機会がなかったけど、
ようやく待ちに待ったこの日が。
オーナシェフのジョバンニは友達の知人なのできっとおまけも
あることでしょうと、友達に予約をしてもらい、早速当日ちょっとおしゃれをして席につく。

お店の雰囲気もよく、静かな落ち着いた感じ。
d0084229_3361066.jpg


パンは4種類
d0084229_3412622.jpg


ローズマリー、オリーブ、たまねぎ、ドライトマト。しっかりした味で美味しいかった。

友人のだい君はここで3ヶ月スタージュをしていたこともあり、
メニューを決めながらその話をしたりと店員とおしゃべり。

お昼から少なめにして、この時を迎えたのでフルで取る事に。
一緒に行ったのはサイトで紹介しているお料理教室に習いにきて頂いた
料理通のかわいい女性。
2人で違うものを頼み、半分ずつにして食べました。

アンティパスト

d0084229_3501314.jpg

マグロのタルタルステーキ初めてイタリアで家とカルパッチョ以外で
生マグロを食べました。マグロのユッケの方が好きだなぁ~。
けどさっぱりしていて美味しかった。

d0084229_3541076.jpg

小エビとパキーノ産トマト
これは本当にえびとトマトが甘くて、えび好きには忘れられない一皿です。

プリモ
d0084229_358518.jpg


ウニと小エビのスパゲッティー
ドンカミッロのウニと小エビのパスタは人魚のパスタと名づけられ有名なので、一皿はこれを。
やっぱりウニは美味しいね。これはシチリアならでは一皿だと実感。


d0084229_3584153.jpg

エトナ産の生ポルチーニィの生フェットチーネ

ウニより美味しかった~。完敗ってほどに美味しさでした。
ポルチーニィの肉厚から、生パスタへの味の絡み具合まで。
明日エトナ産にきのこ狩りに行くかなぁと思わせる一皿でした。

セコンド


d0084229_3591511.jpg

えびのフリットのトマトソース和え
塩がきつかった。プリモに比べるとセコンドの味が落ちる気が・・・


d0084229_3594821.jpg

子牛のアーモンドソース
これは若干塩が足りなかった。
お肉は柔らかくて美味しかったけど、やはりプリモに比べると
セコンドの味は落ちてる思われます。


ドルチェ

シチリア菓子の代表

d0084229_403618.jpg

カッサータ
甘すぎず、小ぶりで重くなく満腹にも関らず食べてしまいました。




d0084229_411496.jpg

ピスタチオとリコッタのムース
これも甘すぎず美味しかった。

セコンドが少し気になりましたが、
お金と胃に余裕があればぜひとももう一度行きたいものです。。
by terra_di_siracusa | 2006-08-22 04:04 | シラクーサ siracusa
シラクーサ近郊の海 バゥ
連日40度を越すシチリア。 
これまたたまげるほど暑かった日曜日。
全裸の裸族をお見かけするシラクーサから車で1時間あまりのノートの先にあるエローロに。

良くも悪くも風はなく、海の中にいなくてはこげてしまいそうな日差しの中。 
アントは泳いでいました。
(彼は海水が嫌いなのでむりやり奥まで抱きかかえ、陸に向かって
彼が泳ぐので半ば強制的ですが・・・)


d0084229_3163947.jpg

それはそうと、ここは元々自然豊かな砂浜な海辺。海の家とかもなく、海岸全部がフリービーチ。 そして海水がきれい この日は特に、みずが青くもなくほぼ真水に近いような光り輝く透明でした


数時間浮き輪に浮かび、再びこげてフィリピン人を越しつつある私は、日本からの知人と食事をするために再びウニのパスタへと
向かうのでありました。。。

やっぱウニは美味しい♪
by terra_di_siracusa | 2006-08-22 03:18 | シラクーサ siracusa
ウニのパスタ バゥ
ここ数日のグルメ三昧の日々。
胃は限界に近づいておりますが、今日で最後。
お昼はシチリアといったらウニのパスタ!!
お昼にシラクーサのレストランへ。

ここ数日海が荒れていたのでウニがあるか心配だったのですが。。。
ありました。お待ちかねのウニのパスタ
d0084229_512952.jpg


セコンドにはえびのグリルをシチリア産の白ワインと。
d0084229_595367.jpg


レモンのシャーベットをデザートに。

満腹にて本日やや胃痛気味ですが、これまた至福のひとときでした。
by terra_di_siracusa | 2006-08-20 05:10 | シラクーサ siracusa
ムール貝食べ放題!!  バゥ
シチリアはムール貝は1キロ2ユーロです。

1キロのムール貝を友達はお昼はパスタ、
夜は残りのムール貝をたいらげておりました。
d0084229_4531487.jpg



作り方はいたって簡単。
洗ったムール貝に、にんにく、イタリアンパセリ、
オリーブオイル、パキーノ産のプチトマトをおなべにいれて、
貝が開くまで煮る。

ぜひシチリアでコッツェをたらふくどうぞ!!
by terra_di_siracusa | 2006-08-20 04:53 | シラクーサ siracusa
   

シチリア シラクーサでシチリア料理と和食のレストラン”La Cambusa”( www.lacambusa-siracusa.it PASSEGGIO ARETUSA- 9 )を経営し、terra di SIRACUSA(www.terradisiracusa.com)を運営しています
by terra_di_siracusa
> terra di SIRACUSA
シチリア東部とシラクーサ
への旅のお手伝い
terra di SIRACUSA
www.terradisiracusa.com

シラクーサの
シチリア料理と
和食のレストラン

LA CAMBUSA
passeggio aretusa 9,
ortigia, siracusa
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧