人気ブログランキング |
> なんと・・・ バゥ
今朝は買出しに行かなくてよかったので朝10時過ぎまで
寝ており、先に出掛けて行ったマリオに電話。

ここまでは至って普通の日と同じだったのですが、
その後10分後、玄関が開く音と共に、
シチリア人の割にはあまり大げさではないマリオが
「あーーーいーーーー!! いーーーひーーー!!」
とうなりながら帰宅。
(この叫び声がいまいち信憑性に欠け、毎度冗談かと思ってしまいます。。)

なになに?と聞くと、

「胆石」

去年も大騒ぎして、その後尿と一緒に流れて、
海水浴に行っていたけど・・・

どうやら体質のようで・・・
「うーうー」うなっているので、水を飲めだの逆立ちしろと
アドバイスをしてみるものの、本人はぐったり。

内科医のお兄さんに電話をするも繋がらず、薬剤師の兄嫁に電話。
彼女にも繋がらず、目の前の病院に行くことに。

あ、まだパジャマのままでした。。 と思っていたところ兄嫁から
電話があり、近くに車でいるので、病院に連れて行ってくれるそう。

その間に着替えをし、後から病院へ。

待つこと1時間・・・・

外からの衝撃にも分解されなかった今回の胆石。
どうやら大きいらしい。。
しかも、経験者によると出産並みの痛さらしい。。 
どちらも経験したことがなくてよかった。。 って何故かひと安心。
分解されなかった胆石を超音波検査をすることに。
やっぱりイタリアはコネ社会。医師の兄の力は強く、順番は全て繰り上げ。
こんなにスイスイ事が運ぶシチリア社会は見たことがないほど!!

とまぁ超音波で胆石を発見し入院を勧められる。
「へぇ~」と驚いているまたしても痛みの発作が。

とりあえず、ベットで兄の到着の痛みのがなくなるのを待つことに。
薬で治るわけでもないので、時間が経つのを待つのだそうです。

約2年半前に腹膜炎の手術・入院でシラクーサの病院生活を
見に染みて経験している私は、今頃何が起こっても驚きはしませんが、
シーツはもちろん交換されていないので、まずは交換待ち。

無事にベットで痛みでうなっている病人に(しかも入室5分)
何を聞きに来るのかと思ったら、
「明日のお昼のメニューは何がいいですか?
 スープパスタ、トマトソースのペンネ、ラザニアから選べます。」
って早速食べ物の質問かい!! しかも病院でラザニアとは・・・

恐るべしシラクーサ(シチリア? イタリアかも?!)の病院。
けど私がいた頃にはメニュー選べなかったのに・・・
2週間の絶食後クリスマスみたいな鶏肉がボテっとでてきたのに・・・

食べ物の話を聞いたこともあり、家に一旦戻り(徒歩5分なので)
病院に再び戻った時にはすっかり痛みをなくなり、
グーグー昼寝をしながら兄を待っている病人Mさん。
無事で何よりですが、この人この夜普通にお店を開けて、
働くのでした。。 あんなに冗談みたいに痛いと喚いていたのに・・・

恐るべしシチリア人。。
by terra_di_siracusa | 2008-02-16 19:45 | シラクーサ siracusa

シチリア シラクーサでシチリア料理と和食のレストラン”La Cambusa”( www.lacambusa-siracusa.it PASSEGGIO ARETUSA- 9 )を経営し、terra di SIRACUSA(www.terradisiracusa.com)を運営しています
by terra_di_siracusa
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
> terra di SIRACUSA
シチリア東部とシラクーサ
への旅のお手伝い
terra di SIRACUSA
www.terradisiracusa.com

シラクーサの
シチリア料理と
和食のレストラン

LA CAMBUSA
passeggio aretusa 9,
ortigia, siracusa
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧