カテゴリ:シチリアワイン、ワイナリー( 19 )
嬉しいサプライズ バゥ
先日 有名な醸造家のsalvo foti のワイナリー i vigneri
に伺いました。

昔ながらの palmento があり、こだわりのワイナリーでした。
d0084229_19305570.jpg

ご本人がいらしゃらなくて、息子さんが説明して下さいました。
数日後…

d0084229_19323701.jpg
マグナムボトルのaurora が送られて来ました。
わぁーーーい!、 とお礼の電話をしたら、それは親切な方でした。

また伺います。 いや、ぶどう畑買って作ってもらいまーす。(半分本気)



by terra_di_siracusa | 2015-05-22 19:23 | シチリアワイン、ワイナリー
alta mora ばぅ
エトナ山の新しいワイナリー。
ALTA MORA アルタモーラ

cusumanno クスマノがオーナーです。

etna bianco,etna rosso,
エトナの白と赤のみを今年から11000本限定で販売です。

早速届きました。
d0084229_8524954.jpg

先ずは白が。

今年もワインを買い過ぎて、ワインリスト作りに泣いています。。
by terra_di_siracusa | 2014-05-02 08:47 | シチリアワイン、ワイナリー
エトナワイン 2014 バゥ
先週の月曜日に行われてた、年に1度のエトナ山のワイナリーが集まる、
le contrade dell'etna 2014 が graci で開催されました。
早起きして行ってきました。


d0084229_8333897.jpg


朝一番だったので、まだ人がいません。
d0084229_8354246.jpg

うふふ。味見し放題!! って、朝からそうそう飲めるわけでもないので、
知り合いに挨拶し、ワイナリー見学。

d0084229_8404157.jpg


年々規模が大きくなるこのイベントは、外国からのバイヤーや
インポータも来ています。

私は、ほぼ野次馬です。 気に入ったワインがあっても、営業がいなかったり
シラクーサの代理店がなかったりとそう上手く行きません。

なので、早く行って、早く帰る。

帰りはすでに人混み〜。

d0084229_8454728.jpg


ランダッツォのお肉屋さんで、サラミとソーセージとチーズは買い忘れない様に。

激ウマです!!
d0084229_849950.jpg


また来年〜
by terra_di_siracusa | 2014-04-20 08:28 | シチリアワイン、ワイナリー
Planeta のワイナリー バゥ
Notoノート郊外のplaneta プラネタのワイナリーに行きました。

d0084229_1911413.jpg


ランチにパスタも頂き、ショップでお買い物をして、
ワインもたらふく頂き大満足で帰宅です。

d0084229_8355823.jpg


ぶどう畑が彩るのはもう少し先の様です。

d0084229_8384538.jpg

by terra_di_siracusa | 2014-03-07 03:30 | シチリアワイン、ワイナリー
念願のCOSから

10月に入り、ぶどうの収穫が終わったワイナリーから
多くの招待状が届きます。
月曜日が休みのレストランが多いので、
月曜日のランチ&試飲のお誘いです。

15日は念願のCOSに行ってきます!


d0084229_8481966.jpg
Verticale di

Ramì とPithos Bianco の試飲ですって!

2008-2009-2010-2011

ただ、ワイナリーに9時30集合。。
家を出るのは8時前。。。
往復旅路はグーグーでしょう。。
by terra_di_siracusa | 2012-10-03 08:52 | シチリアワイン、ワイナリー
ソムリエコース バゥ
去年から受けたかったソムリエのコースが始まりました。

12月と1月に1レベル。
2月と3月に2レベルですが、不在の為にこれはまた来年。
もしくはカターニアで受けることにします。

そして最後にレベル3。

試験を受けて無事にソムリエになります。

30数人受講しています。

初回はソムリエとは・・・ 的なお話と
2種類のワインの味見と評価。
呑み助には難しい物です。 うまいものはうまい。
とはいかないものです。
味見し過ぎて、酔っ払うのもダメですって!! ←当たり前。


d0084229_23222259.jpg


帰りの運転とその後の仕事は要注意。

ワインの次は日本で焼酎のソムリエがいいですね。
いや。忘年会で焼酎飲んだくれがいいなぁ~。
by terra_di_siracusa | 2010-12-02 23:13 | シチリアワイン、ワイナリー
もうすぐ  バゥ
ワイン用の葡萄がたわわに実っています。

d0084229_16152883.jpg


早い所は8月中旬から収穫されます。
日中は暑いので、夜から収穫するところもあります。

今年も美味しいワインができるといいですね~
by terra_di_siracusa | 2010-08-18 16:16 | シチリアワイン、ワイナリー
エノツーリズモ バゥ
農業体験をすことか始まった、農家に泊まる旅行形態を 
 アグリツーリズモ  

農業 AGRICOLTURA  → AGRITURISMO

漁業体験をするのは ぺスカツーリズモ

漁業 PESCA  → PESCATURISMO

そして、最近流行りの ENOTURISMO エノツーリズモ

これはワイナリーを見学し、宿泊することです。
ENOLOGIA ワイン貯蔵 ENOTECA エノテカ ワイン屋 ・・・・

ENOはワインを表します。  

これから期待される観光形態ですが、何よりもワイン好きには
気にしないでガブガブ飲めるのは良いことです。
帰りの心配もないのでね。

昨日たまたま BAGLIO HOPPS バッリョ ホップスの赤ワインを飲んで
思い出したのでした。 ここのワイナリーもエノツリーズモに力を入れています。

d0084229_1511652.jpg


MURGOやGULFI 、PLANETAも宿泊施設があります。

いずれは私も・・・・・
by terra_di_siracusa | 2009-10-30 01:38 | シチリアワイン、ワイナリー
MURGO ワイナリー バゥ
この日をどんなに待っていたことでしょう。
イタリアに住んでいて、良かった。と思う瞬間のひとつです。

ワイナリーに行ってきました。
発泡系のお酒が大好きなので、ここのスプマンテは大好物です。
自分で結婚式でがぶ飲みさせて頂きました。

エトナ山の麓の町サンタ・べネリーナにある
MURGO です。
www.murgo.it

シラクーサから車で約1時間30分

d0084229_6283885.jpg


正に、エトナ山の麓にあります
d0084229_7132554.jpg

150年間ここで代々スカマッカ家がワインを作り、30年ほど前から、
販売用として市場に出回りはじめたそうです。
20ヘクタールのワイン畑を持ち、30年~40年のぶどうで作られるワインは、
伝統的な方法で作られる赤ワイン エトナ・ロッソと白ワイン エトナ・ビアンコ 
シチリアでは数少ないスプマンテも有名です。
ネレッロ・マスカレーゼがシャンパンの種ピノノアールに似ていることから、
フランス、ベルギーでワインを学んだ父エマニュエル・スカマッカ氏が
スプマンテ作りをはじめたそうです。

MURUGOの名前はカターニアに程近い、北アウグスタの一部の
名前で、ここ出身だったことから、付けられたそうです。

現在はは8人の子供達が、運営しています。
2週間前に一番年下の息子が、ローマ在住の日本人とイタリア人の
ハーフの女性と結婚されたそうです。

山の麓ですが、お天気が良いと海も見えます。
海を見ながら昼食が頂けます。
d0084229_7533176.jpg


予約制ですが、ワインナリーの見学(ガイドはイタリア語、英語、ドイツ語)、
試飲が出来ます。 この様子は後日に書きます。

宿泊施設があるので、エトナ山上りの際にも便利です。
公共機関でいける場所にはないので、一番近くの町
GIARRE(ジャッレ)からタクシー(約20分)か、
マイカーになります。

とても気に入ったので、今後のホームページのワイナリー見学に
新しいツアーとして紹介することにします。

シラクーサ→MURGOワイナリー→タオルミーナ、カターニアだと
そのまま移動の寄り道で行けます。(もちろん到着がシラクーサも可能)

ご興味のある方は、お問い合わせ下さい
info@terradisiracusa.com
by terra_di_siracusa | 2009-09-20 08:02 | シチリアワイン、ワイナリー
2009年ネーロ ダーボラ バゥ
残念ながら私は個人でワイン畑を所有していません。
でもモスカートのワイナリーや、自分の為のワインを
作る為にワイン畑を所有している友人がいます。

羨ましい話です。

その友人のひとりのワイナリーはシラクーサの南パキーノにあります。
この地域は以前にPLANETAのワイナリーを訪れたところで、
BUONI VINI。 ワインが有名な場所です。
一面ネーロ ダーボラだらけです。

d0084229_7513722.jpg

ぶどうの品種は、NERO D' AVOLA (ネーロ ダーボラ)
30年のぶどうだそうです。

今年は収穫を手伝い、その分ワインをもらうことにしていましたので、
早速2匹と行くことに。。


残念なことに、私達が着いた11時には既に終わって、撤収していました。

このまま帰るのも何なので近くをウロウロしていると、
別のワイン畑で収穫していました。
それはそれは気さくな愉快な人達でした。
おじいさん2人と若者3人の5人で 1週間掛けて手摘みするそうです。
d0084229_754353.jpg

d0084229_7553111.jpg

d0084229_7555792.jpg


摘んだぶどうは籠に入れ、トラクターで運ばれます。
d0084229_7572210.jpg

d0084229_7575659.jpg

d0084229_7582788.jpg


その後は・・・? と聞くと あっちでワインになるよ。 と・・・
あっち??? と行って見ると、普通の民家だと思っていた家屋に
ワイン製造機能があるそうです。(ワイナリーとは言い難いので・・・)

早速行って見ると、お腹ぽっこりのおじさんが、
作業をしています。
d0084229_821754.jpg


トラクターの荷台に摘まれたぶどうを潰す機械に流し運ぶ作業
をしていました。
d0084229_8125022.jpg

d0084229_8204155.jpg

おじさんが、摘み立てのぶどうジュースだから味見してごらん。
と足元のぶどうを飲ませてくれました。
この辺が実にシチリアっぽい。

驚くことに、とても甘くて美味しい!!!
はじめてネーロ ダーボラのぶどうジュースを飲みました。
これでも十分売り物になりそうですけど・・・

やっぱりぶどうが美味しいということなのでしょうね。

d0084229_8241739.jpg




砕かれたぶどうは数日間、ぶどう内部から発生する酵母で発酵
させます。
d0084229_8272448.jpg


数日後に液体と固形分を分離させるために圧力機に掛けます。
d0084229_8295119.jpg

その液体分がワインになります。
d0084229_8303165.jpg




11月からNOVELLO (ノベッロ)と呼ばれ、出回りはじめます。

彼らは家族経営で、ワインの樽売りをするエノテカに卸すそうです。
11月に味見にまた来ることにします。

こんな感じで良いので、将来、自分のワイナリーが欲しいなぁ。
by terra_di_siracusa | 2009-09-12 07:23 | シチリアワイン、ワイナリー
   

シチリア シラクーサでシチリア料理と和食のレストラン”La Cambusa”( www.lacambusa-siracusa.it PASSEGGIO ARETUSA- 9 )を経営し、terra di SIRACUSA(www.terradisiracusa.com)を運営しています
by terra_di_siracusa
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
> terra di SIRACUSA
シチリア東部とシラクーサ
への旅のお手伝い
terra di SIRACUSA
www.terradisiracusa.com

シラクーサの
シチリア料理と
和食のレストラン

LA CAMBUSA
passeggio aretusa 9,
ortigia, siracusa
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧